OAフロアの配線の仕方がわからん!OAフロアでの配線

OAフロアとは、ケーブルを床下に配線するためのスペースを設けるために、床を二重構造にしたものです。

最近建てられたビルなどでは、建物全体でOAフロア化されているものもあります。

室内だけでなく、通路を含めた、ほぼすべての場所がOAフロア化されているケースもあれば、あとから室内だけ、OAフロアにしていることもあります。

OAフロアには次のようなメリットがあります。

  •  ケーブルを床下に配線できるので、モールやフラットケーブルが必要ない
  • 必要な場所からのみ、ケーブルを立ち上げることになるので、ケーブルの露出が少ない
  • 配線にかかる労力が少なく済むので、オフィスのレイアウト費用を削減できる

ケーブルを配線するために、もっとも理想的な環境を提供してくれるのが、OAフロアなのです。

しかし、中には、そのOAフロアを活かせていないケースもあったりします。

  • OAフロアの床下部分にケーブルを配線せずに、OAフロアの上側に、モールやフラットケーブルで配線している
  • ケーブルを全然関係ない場所から立ち上げている
  • そもそもOAフロアになっていることを知らない

実にもったいないですね。

そんなOAフロアでの配線について説明します。

スポンサーリンク

目次

OAフロアの種類

OAフロアには様々なタイプがあり、そのタイプの違いによって次のような違いがあります。

  • 配線できるケーブルの容量
  • 床からのケーブルの立ち上げ方
  • 耐荷重

というわけで、OAフロアの種類について説明します。

支柱調整式のOAフロア (支柱とパネルが分離するタイプ)

支柱調整式のOAフロア(支柱とパネルが分離するタイプ)

高さ調整が可能な支柱の上に、パネルを乗せるタイプのOAフロアです。

このタイプには次のようなメリットがあります。

  • 配線できるケーブルの容量が多い
  • 配線経路の自由度が高い
  • 床下でケーブルが損傷する可能性が低い
  • 床からのケーブルの取り出し口が豊富

逆に次のようなでデメリットもあります。

  • パネルをはずすために、専用の工具が必要なことがある
  • パネルの材質によっては、重量があるので、取扱時のケガに注意
  • 1枚あたり50×50センチあるので、パネルを開けるためには、ある程度のスペースが必要

床下にケーブルを配線するときには、支柱の上のパネルをとりはずすことで、パネル下のスペースに配線することができます。

このタイプは支柱が床に固定されているので、ケーブルが支柱に踏まれる心配がありません。

ケーブルを配線するのに、最も理想的なOAフロアと言えるでしょう。

支柱調整式OAフロア (支柱とパネルが一体になっているタイプ)

支柱調整式OAフロア(支柱とパネルが一体になっているタイプ)

高さ調整可能な支柱とパネルが、一体型となっているタイプのOAフロアです。

このタイプには次のようなメリットがあります。

  • 配線できるケーブルの容量が多い
  • 配線経路の自由度が高い
  • 床からのケーブルの取り出し口が豊富

床下にケーブルを配線するときには、支柱一体型のパネルをとりはずすことで、パネル下のスペースに配線することができます。

ただし、このタイプには次のようなデメリットもあります。

  • 支柱とパネルが一体になっているので、パネルの開け閉めがしにくい
  • 支柱が床に固定されていないので、ケーブルが支柱に踏まれることがある
  • 違う場所のパネルと入れ替えると、パネル同士のレベルが狂うことがある

配線が終わったあとで、パネルを元に戻すときには、ケーブルが支柱に踏まれないように注意しながら、元に戻すようにしましょう。

置敷式OAフロア (溝タイプ その1)

置敷式OAフロア(溝タイプ その1)

ケーブルを配線するための溝が、マトリクス状になるように設計されているタイプのOAフロアです。

このタイプには次のようなメリットがあります。

  • 簡単にパネルの開け閉めができる
  • パネル1枚あたりの大きさが小さいので、ケーブルの取り出し口の微調整がしやすい
  • 特別な工具を必要としない

逆に次のようなデメリットもあります。

  • 配線できるケーブルの容量が少ない
  • ケーブルの本数を多く取り出すときには、パネルに別途加工が必要になる。
  • パネルを元に戻さないままタイルカーペットをひいてしまうと、転倒の原因になる。

ケーブルを配線するときは、ルート上に沿ってパネルを空けて、溝にケーブルを這わせることで配線することができます。

パネル1枚あたりが小さく軽いので、簡単に開け閉めできることから、誰でも手軽に床下に配線できるのがいいですね。

置敷式OAフロア (溝タイプ その2)

置敷式OAフロア(溝タイプ その2)

ケーブルを配線するための溝が、マトリクス上になるように設計されているタイプのOAフロアです。

ここで述べるタイプのOAフロアと、置敷式OAフロア (溝タイプ その1) との違いは次の通りです。

  • 1枚あたりのパネルが長い
  • ケーブルの取り出し口の微調整が若干しずらい
  • パネルは鉄製となっていることが多く、多くのケーブルを立ち上げる時の加工が面倒
  • パネルの開け閉めが若干しずらい

メリット、デメリットは置敷式OAフロア (溝タイプ その1) とほぼ同じです。

置敷式OAフロア (簡易二重床タイプ その1)

置敷式OAフロア(簡易二重床タイプ その1)

25センチ四方程度の大きさの樹脂製のパネルを、床に敷き詰めるタイプのOAフロアです。

このタイプのメリットは次の通りです。

  • 樹脂性のパネルを簡単に取り外しできる
  • 敷設コストが安い
  • ケーブルの取り出し口の微調整がしやすい

逆にデメリットは次の通りです。

  • ケーブルをパネルの脚に踏まれやすい
  • 多くのケーブルを立ち上げるときの加工が面倒
  • 配線できるケーブルの容量が少ない

このタイプは、パネルの脚の隙間のスペースに、ケーブルを配線する形になります。

配線後、パネルを元に戻すときには、ケーブルを踏んだり挟んだりしないよう、注意しながら閉める必要があります。

多くのケーブルを配線すると、パネルの脚に踏まれたり、パネルがガタガタしてしまうので、ケーブルがあまり重ならないように、分散して配線するようにしましょう。

置敷式OAフロア(簡易二重床タイプ その2)

置敷式OAフロア(簡易二重床タイプ その2)

タイルカーペットと一体となっているパネルを、床に敷き詰めるタイプのOAフロアです。

標準的なタイルカーペット (50センチ×50センチ) の裏側に、3×3の合計9つのパネルが接着されており、タイルカーペットごとパネルを開け閉めします。

ケーブルはパネルの脚の隙間に配線する形になります。

このタイプのメリットは次の通りです。

  • 敷設コストが安い
  • パネルを簡単にめくれる

デメリットは次の通りです。

  • カーペットと一体なので、元に戻しにくい
  • ケーブルの取り出しの微調整が難しい
  • 多くのケーブルを立ち上げるときの加工が面倒
  • 配線できるケーブルの容量が少ない
  • ケーブルをパネルの脚に踏まれやすい

このタイプは、床下に配線はできるものの、何かとデメリットが多く、ケーブルの損傷も多く発生してしまうので、配線時には次のような工夫が必要です。

  • ケーブルが床下で動かないように、養生テープで要所要所を固定する
  • 踏まれても大丈夫なケーブル、あるいは踏まれにくいケーブルで配線を行う
  • 極力分散した経路で配線を行う

注意点の多いタイプのOAフロアですが、やはり床下を配線できるメリットは捨てがたいですよね。

OAフロア配線に必要な道具

OAフロアは基本的には、

  • タイルカーペットをめくり
  • パネルを取り外して
  • パネルの下のスペースに

配線する形になります。

OAフロアのタイプによって、必要となる道具は当然異なってきます。

OAフロアのパネルが、簡単に開け閉めできるタイプのものであれば、特に問題ないのですが、中にはパネルを開けるために、特殊な工具が必要になるケースもありあす。

また、ケーブルを床下に配線するときに、ケーブルの通り道の、すべてのパネルを開けていては、時間と労力の無駄使いになります。

効率よくOAフロアに配線するためには、OAフロアのタイプにあわせた道具を用意することをおすすめします。

ニッパー

ニッパー

OAフロアの上には、ほとんどの場合、タイルカーペットが敷き詰められています。

タイルカーペットを指先だけでめくるのは、簡単そうで以外と難しいものです。

そこで、ニッパーを使います。

ニッパーでタイルカーペットの端付近の生地をつまむようにしてタイルカーペットを持ち上げると、すんなりとめくることができます。

パネルとの糊付けがきつくて、なかなかめくりにくい場合は、めくる方向を変えて試してみましょう。

各種ドライバー (プラス、マイナス、星型、六角型)

各種ドライバー(プラス、マイナス、星型、六角型)

OAフロアのパネルの形状によっては、パネルの固定方法もいろいろあります。

  • はめ込むだけで道具を必要としないタイプ
  • プラスのビスで四隅を固定しているタイプ
  • 六角のビスで四隅を固定しているタイプ
  • 星型のビスで四隅を固定しているタイプ

こういったパネルを固定しているパーツをはずすために、各種ドライバーが必要になることがあります。

  • プラスドライバー
  • マイナスドライバー
  • 星型ドライバー
  • 六角型ドライバー

とりはずす枚数が多いようであれば、電動ドライバーと合わせて用意しておくようにしましょう。

OAフロアを開けるための専用工具

OAフロアを開けるための専用工具

OAフロアのパネルを取り外すために、専用の工具が必要となるケースもあります。(コクヨOAフロアー用【SPD-TLD】など)

ラジオペンチやニッパーなどで、無理やりこじ開けることもできなくはありませんが、固定しているパーツを破損してしまうことがあるのでおすすめできません。

専用工具は建物に備え付けられているか、ビルの設備管理に借りるられることがあるので、必要になる場合には、事前に確認をしておきましょう。

サクションリフター

サッカー

サーバールームなどで敷設されているOAフロアは、通常のオフィスなどで使用されるものと異なるタイプが用いられていることがあります。

  • セキュリティ上、簡単に開け閉めできないように、取り出し口が設けられていない
  • ピッタリと隙間なく敷き詰められているので、こじ開けることができない

そういったOAフロアのパネルを開けるためには「サクションリフター」という道具を使用します。

サクションリフターには大きな吸盤がついており、付属のレバーの開閉で、吸盤の吸引力を強くして、その吸引力でパネルを持ち上げます。

ピッタリと隙間なく敷き詰められているパネルは、開け閉めが難しいことがありますが、ちょっとしたコツがあります。

  • 開けるときは垂直に持ち上げる
  • 閉めるときも垂直に置く
  • 片側が入らないなど閉めづらい時は、となりのパネルを少し浮かして、2枚同時に閉める

くれぐれも指を挟まないように注意しましょう。

ジョイント式ロッド

ジョイント式ロッド

グラスファイバー製の細長い棒 (1m~1.5m) を複数本連結して使用します。

ジョイント式ロッドは弾力性が強く、多少の障害物にあたっても、その弾力性でしなることで床下でも這わせることができるので、OAフロアでの配線時には重宝します。

ジョイント式ロッドには次のようなメリットがあります。

  • パネルを開ける枚数を減らせる分、労力を減らせる
  • 配線作業の効率が上がる
  • パネルを開けられない場合でも、開口部分があれば配線できる
  • 配線する距離に応じて、ジョイントする本数で長さを調節できる

買うと1万円程度しますが、OAフロアでは大活躍の道具です。

スケール (メジャー)

スケール(メジャー)

ステンレス製の幅広のスケール (メジャー) を使います。

幅広の分、弾力性と直進力が強いので、OAフロアの床下配線時にはとても重宝します。

スケールは次の条件のものをおすすめします。

  • 幅は25mm以上
  • 長さは5.5m以上(8m~10mあれば便利)
  • ストッパーが付いているもの

配線用途で使うので安いものでOKです。

ケーブルキャッチャー

ケーブルキャッチャー

OAフロアの床下が高い場合、たとえば50センチ以上あるような場合は、ケーブルキャッチャーも有効です。

ケーブルキャッチャーは、本来は天井内を配線するときに使用する道具ですが、床下に十分な高さがある場合には、ケーブルキャッチャーのほうが配線しやすいことがあります。

モール

モール

床下を配線するための道具がない場合は、モールで代用することもできます。

複数本のモールを連結して、一本の長い棒として配線に利用します。

この場合、細めのワゴンモールやワイヤプロテクタモールを使用すると、床下を通しやすく、弾力性もそこそこ保たれます。

ビニールテープ

ビニールテープ

ジョイント式ロッドやスケール (メジャー) などに、ケーブルをくくりつける時に使用します。

モールを連結するときに、連結箇所にビニールテープで補強するときにも使います。

ケーブル配線時には、何かと必要となるのがこのビニールテープです。

マグライト

マグライト

OAフロアの床下の様子を確認するときに使用します。

なぜマグライトなのかは次の通りです。

  • ライトの指向性が強いので遠くが見渡せる
  • 照準を絞ることができる
  • 細長いので狭い場所でも使える
  • 頑丈に作られている

通常のライトでは、光が拡散して近場しか確認できないので、マグライトをおすすめします。

OAフロア配線の施工手順

OAフロアでの配線の施工手順は、次の状況に応じて、施工の方法を考えていく必要があります。

  • 配線するケーブルのボリューム
  • 配線の経路
  • 周囲の設置状況

中でも一番オーソドックスな施工方法について説明しましょう。

OAフロア配線の施工手順 その1

OAフロア配線の施工手順 その1

OAフロアはパネルの上にカーペットが敷き詰められています。

タイルカーペットは、1枚50センチ×50センチ程度の大きさが一般的なサイズとなっています。

OAフロア配線の施工手順 その2

OAフロア配線の施工手順 その2

ケーブルを配線する区間の、両端部分のタイルカーペットをめくります。

この時、ニッパーを使用するとめくりやすいです。

タイルカーペットをめくると、OAフロアを構成しているパネルが見えます。

OAフロア配線の施工手順 その3

OAフロア配線の施工手順 その3

パネル同士を連結しているパーツがある場合は、ドライバーや専用の工具を使用して取り外します。

パーツは四隅に取り付けられていますが、中には二隅だけはずせば外せることもあります。

OAフロア配線の施工手順 その4

OAフロア配線の施工手順 その4

パネルを取り外します。

パネルを外しにくいときは、サクションリフターを使いましょう。

OAフロア配線の施工手順 その5

OAフロア配線の施工手順 その5

パネルを取り外したところから、ケーブルを通すための呼び線を入線します。

図ではスケール (メジャー) を通しています。

OAフロア配線の施工手順 その6

OAフロア配線の施工手順 その6

メジャー(スケール)の代わりに、ジョイント式ロッドを呼び線として入線している図です。

OAフロア配線の施工手順 その7

OAフロア配線の施工手順 その7

パネルを取り外した反対側まで呼び線が届いたら、配線するケーブルと、呼び線にくくりつけるためのビニールテープを用意します。

OAフロア配線の施工手順 その8

OAフロア配線の施工手順 その8

配線するケーブルを、入線した呼び線にビニールテープでくくりつけます。

OAフロア配線の施工手順 その9

OAフロア配線の施工手順 その9

呼び線にケーブルをくくりつけたら、ゆっくりとタイミングよく呼び線を引き戻します。

あまり強く引っ張ると、ケーブルがほどけたり、傷がついたりします。

OAフロア配線の施工手順 その10

OAフロア配線の施工手順 その10

ケーブルを必要な分だけ引いたら、ケーブルをはさまないように、OAフロアのパネル開口部分から、ケーブルが出るようにパネルをはめ込みます。

OAフロア配線の施工手順 その11

OAフロア配線の施工手順 その11

パネルをはめ込んだら、パネル間を連結するパーツを元通りにはめ込みます。

OAフロア配線の施工手順 その12

OAフロア配線の施工手順 その12

OAフロアの開口部分のフタにある開口パーツを、ケーブルを挟まないように取り付けます。

OAフロア配線の施工手順 その13

OAフロア配線の施工手順 その13
最後にタイルカーペットを元の通りに戻します。

パネルの開口部分と、タイルカーペットがうまく噛み合わないときは、タイルカーペットにカッターで切れ込みを入れて、ケーブルが無理なく表に出るように加工します。

配線するケーブルの量が多い場合

配線するケーブルの量が多い場合

配線するケーブルの量が多い場合は、呼び線を利用した方法ではなく、配線区間内のOAフロアのパネルを全てとりはずしたほうが、キレイに整理しながら配線することができます。

呼び線を利用して配線するか、パネルを全てめくって配線するか、状況に応じて配線しましょう。

スポンサーリンク

OAフロア配線の配線例

OAフロアでの配線は、配線したケーブルを接続する機器のある場所から、必要に応じてOAフロア下からパネルの上側へ立ち上げます。

支柱調整式のOAフロアであれば、パネル下が支柱部分以外は、ほぼ空洞状態になっているので、ケーブルの配線ルートは、縦横斜めと自由に配線することができます。

置敷式の溝タイプのOAフロアであれば、パネルの溝に沿っての配線になるので、縦横90度での配線になります。

OAフロアの種類に応じて配線ルートは変わってきますが、基本は次の通りです。

  • 基本は縦横90度で配線
  • OAフロアが什器類で塞がれることのない経路を選ぶ

それではOAフロアでの配線例を紹介しましょう。

OAフロア配線の配線例 電話線の配線ルート例 その6

OAフロア配線の配線例 電話線の配線ルート例 その6

配線ルートとしては、

  • 通路
  • もしくは物が置かれていないスペース

を選択します。

壁際などでは、機器や什器が置かれることが多いので、ケーブルを隠せることから床下ではなく床上を露出で配線します。

無理に床下を通すと、後々の変更の融通がきかなくなるからです。

OAフロア配線の配線例 LANの配線ルート例 その7

OAフロア配線の配線例 LANの配線ルート例 その7

各島ごとにLANケーブルの幹線を配線し、中継用SW-HUB(スイッチングハブ)を設置する設計例です。

各島内の機器には、中継用SW-HUBからLANケーブルを接続します。

もっともオーソドックスなLAN配線の設計例です。

配線ルートは電話線と同様、できるだけ通路や物が置かれていないスペースを経路として選びます。

OAフロア配線の配線例 LANの配線ルート例 その8

OAフロア配線の配線例 LANの配線ルート例 その8

各島には中継用のSW-HUB(スイッチングハブ)は置かずに、大元のSW-HUBから端末機器までダイレクトにLANケーブルを配線し、接続する設計例です。

中継用のSW-HUBを置かないので、次のようなメリットがあります。

  • SW-HUBの機器代のコストを削減できる
  • 内部ネットワークの全体的な通信速度の向上が見込める

逆にデメリットは次の通りです。

  • 大量のLANケーブルを配線する必要がある
  • 端末の増設の度に配線コストがかかる
  • OAフロアの形状によっては大量のケーブル敷設ができない

この設計でLANケーブルを配線する場合は、配線ルートの設計がとても重要になってきます。

最後に

ケーブルを配線する環境としては、OAフロアに勝るものはありません。

床下にケーブルが隠れるので、モールやフラットケーブルのようなケーブルを保護するための手間がかかりませんし、何よりもケーブルの露出が格段に減ります。

トータルでの配線コストも削減できるため経済的です。

もしオフィスの開設、移転を考えてらっしゃるのであれば、OAフロアの有無も重要な選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか?

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280