配管のケーブルの通し方がわからん!配管での配線まとめ

事務所にケーブルを通すための配管があちこちにある、ということはわかっているけど、この配管にどうやってケーブルを通せるのかわからない。

  • ケーブルが床の上で垂れ流しになっている
  • モールがあちこちに貼られている
  • それらに足をとられてこけそうになったことがある
  • 台車を転がすときに邪魔

配管を利用して配線すれば、そういった部分が減り、ケーブルの露出度も少なくなるので、全体的にスッキリさせることができます。

配管は基本的には、室内に一定の間隔でマトリクス状に配置されていることが多く、ある程度の範囲の配線を網羅できるように設計されています。

配管の出口の場所を考慮して、室内の机や機器などのレイアウトを、配管にフィットするように配置すれば、

  • 配管出口から離れた場所までモールを貼ったり
  • 配管出口からフラットケーブルに変換したり

というような余分なひと手間を省略でき、見た目もスッキリし、配線にかかる工数、コストも削減できます。

せっかく配管があるのに使わないのはもったいない!ということで使える配管は使っていきましょう。

スポンサーリンク

目次

配管の種類

一口に配管といっても、その種類は多岐に渡ります。

  • 配管のフタの形状
  • 配管の太さ
  • 配管の形
  • 配管の材質

室内の配管設備はどういったタイプのものなのか?まずは把握する所から始めましょう。

配管のフタの種類 (丸穴タイプ その1)

配管のフタの種類(丸穴タイプ)

丸穴タイプは最も多いタイプのフタで、ホームセンターなどでも購入することができます

プラスドライバーを使って、フタの取り付け、取り外しが簡単にできるのが特徴です。

配管を経由してきたケーブルは、このフタの真ん中にあるキャップを取り外して、床上に出します。

外したキャップはその配管のボックス内に入れておくか、どこか1ヶ所に固めて保存しておくようにしましょう。

配管のフタの種類 (丸穴タイプ その2)

配管のフタの種類(丸穴タイプ その2)

前述の丸穴タイプその1と機能的に同じですが、フタの取付かたが異なります。

その1と異なりビスを使用せずに、フタ自体を回転させることで取り付け、取り外しを行います。

ただし、水で錆びさせてしまうと、フタの開け閉めが困難になり、最悪の場合、開けることができない、あるいは閉めることができないといったことにもなりかねません。

配管付近での水を使用した清掃は控えるようにしましょう。

配管のフタの種類 (アップコンセントタイプ その1)

配管のフタの種類(アップコンセントタイプ その1)

ケーブルの取り出し口がせり上がるタイプの配管のフタです。

ケーブルの出し口の周りが、ゴムラバーで保護されているので、ケーブルの断線や損傷を防ぐことができます。

LANや電話、電気の差込口を、直接配管のフタに取り付けることも可能です。

ただし、差込口をフタに取り付けた場合には、室内清掃時には十分に注意する必要があります。

フタを閉めている状態での防水加工はされているのですが、床と配管の接続部にどうしても隙間が空いてしまうケースがあるので、防水は必ずしも万全とはいきません。

漏電やを避けるためにも、配管出口付近での水を使用した清掃は控えるようにしましょう。

アップコンセントは構造上、丸穴タイプのものよりも上部にせり出す形になるので、配管付近を歩く時に、つまずきやすくなっているので注意が必要です。

配管出口部分は通路部分にしないように、できるだけ机や機器類の下に隠れるような配置を心がけるようにしましょう。

 配管のフタの種類 (アップコンセントタイプ その2)

 配管のフタの種類(アップコンセントタイプ その2)

このタイプのフタは、配管を使用しない時に、ボックス内に収納しておくことはできませんが、ケーブルの出し口の方向を変更することができます。

前述のアップコンセントタイプその2と同様、上部にせり出す形になるので、できるだけ配管が通路上に来ないようなレイアウトを心がけるようにしましょう。

フロアダクト その1

フロアダクト その1

フロアダクトは一見、配管に見えても床の内部ではダクト構造になっています。

通常の配管は筒状の配管を敷設しますが、口径は大きくてもせいぜい30mm程度しかないので、配管内に配線できるケーブルの本数が多くなると厳しいものがあります。

その点、フロアダクトでは通常の配管よりも、配線できるスペースが大きくなっており、通常の配管よりも多くのケーブルを配線することが可能です。

フロアダクト その2

フロアダクト その2

フロアダクトの中には、ケーブルの種類を分けられるように、複数の隔壁が設けられているタイプもあります。

分け方の代表的な例としては「電気、電話、LAN」の3種類に分けられることが多いです。

隔壁で分けることにより、電磁波の相互干渉を軽減することができ、物理的にも保護されるので、ケーブルにとってはとても良い状態であるといえます。

スポンサーリンク

配管の経路の種類

部屋の各所に配管があることはわかっているけど、実装にはどうつながっているんだろう?

配管の出口の位置関係を見れば、大体の予想はつくものの、実際には予想とかけ離れていることも少なくありません。

本来つながっているであろう場所につながっていなかったり、逆に思わぬ場所につながっていたりと、実際に通線してみないことにはわからないこともあります

配管の経路は、いくつかのパターンに当てはめて、ある程度絞ることができるので、それらのパターンを覚えておけば、ケーブルを配線するときに役に立ちます。

配管の経路 その1

配管の経路 その1

縦と横の両方が他の配管BOXにつながっている、一番オーソドックスな配管の経路です。

ケーブルを配線するときに、縦と横の両方のルートを利用できるので、ルートの選択肢が多く、比較的ケーブルを分散させやすいので、ケーブルを少し多めに配線することができます。

配管の経路 その2

配管の経路 その2

配管BOXの外周を囲うように接続されており、配管の外周の内側は縦か横の一方向でつながっています。

ケーブルを配線するときに、目的の場所が配管の同じ筋になれば、最短のルートで配線することが可能ですが、ひとつでも筋が違えば外周経由での配線になります。

外周にある配管BOX以外は、基本的に縦か横の一方向でしかつながっていないので、ケーブルの配線ルートがどうしても重複してしまいます。

ルートが重複するため、あまり多くのケーブルを配線することができない形状となっています。

配管の経路 その3

配管の経路 その3

基本は縦か横の一方向のつながりのみで、筋をまたぐ場合は部屋内の端の配管BOXを経由しなければなりません。

前述のその2のタイプよりも制限が多くなり、ケーブルの配線容量もそれほど多くありません。

配管の経路 その4

配管の経路 その4

配管が一筆書きでつながっています。

方向の分岐がないので、おのずとケーブルの配線ルートが重なることになり、配線容量もそれほど多くありません。

配管の経路 その5

haikan02_keiro01_05

前述のその4と同様、一筆書きでつながっています。

やはり方向の分岐がないので、ケーブルの配線ルートが重なり、配線容量も多くありません。

配管の経路 その6

配管の経路 その6

縦横、垂直、水平につながるのではなく、ジグザグにつながる形状になっています。

基本的に一筆書きでつながっていて方向の分岐がないので、ケーブルの配線ルートが重なり、配線容量も多くありません。

配管の経路 その7

配管の経路 その7

配管は床だけでなく、壁にもあります。

壁の配管は分岐することはほとんどありませんが、床どうしの配管に比べて次の配管へと続く長さがより長くなることが多いです。

配管の経路 その8

配管の経路 その8

最寄りの床と壁の配管がつながっているケースもあります。

壁どうしの配管よりも短くてすむことが多いので、比較的ケーブルの配線を行いやすくなっています。

配管の経路 その9

配管の経路 その9

前述の「その6」と「その7」を組み合わせた形状になっています。

壁と床の間のわたりは1ヶ所のみで、そこから移行は壁伝いに配管されています。

配管の経路 その10

配管の経路 その10

建物内の配管は室内だけで完結するのではなく、室外へとつながるように設計されています。

室外へのつながりのある配管は部屋ごとに1ヶ所から数ヶ所用意されています。

通称「第一BOX」とよばれます。

室外へのつながる先としては、廊下や建物のEPS内にある、配管の中継BOXであったり、IDFなどの端子盤だったりします。

それらの中継BOXや端子盤を経由して、別の部屋や別のフロアへとつながっていきます。

スポンサーリンク

 配管での配線に必要な道具

配管内にケーブルを通すためには、必須となる道具がいくつかあります。

通線ワイヤー

スチール

配管にケーブルを通す時に使用します。

細い鉄の繊維をより合わせて作られており、強い弾力性があります。

短くて直線的な経路であれば、ケーブルを直接配管に挿入して通せることもありますが、長くて曲線的な経路の場合には、通線ワイヤーがなければ配管内を通すことはまず無理でしょう。

配管での配線時に一番必要となる道具ですね。

入線液

入線液

配管によっては錆び付いて老朽化していたり、既に別のケーブルが入っていることがあります。そのような状態の配管に対して、普通にスチールを通そうとしたところで、中々通せるものではありません。

そこで入線液を使用します。

この入線液を配管やスチール、ケーブルに塗ることでスムーズに配管内を通すことができます。

入線液を使用せずに、無理に配管内を通そうとすると、配管の入線途中でケーブルが断線したり、ケーブルを抜くことができなくなったりすることがあります。

少しでもキツそうだな、と感じたらこの入線液を使用するようにしましょう。

ビニルテープ

ビニルテープ

スチールにケーブルをくくりつける時に使用します。

細いケーブルであれば、スチールの先端の丸穴に通して結びつければいいのですが、丸穴に通らない太めのケーブルや、複数本のケーブルを同時に配管に通すときには、ビニールテープで束ねる必要があります。

このビニルテープは、配管内にケーブルを通す時以外にも使用するケースが多いので、何らかの配線をする時には必須となるものの1つと考えてください。

配管での配線の施工手順

実際に配管にケーブルを通すときの手順について説明します。

施工手順 その1

施工手順 その1

配管出口Aと配管出口Bの間に線を通すとします。

施工手順 その2

施工手順 その2

配管にケーブルを通す時には、まず配管の取り出し口のフタを開けておきましょう

ほとんどの配管のフタはネジで閉められているので、プラスドライバー(もしくはマイナスドライバー)でネジをはずして配管のフタを開けます。

 施工手順 その3

施工手順 その3

配管のフタを開けると、中は空洞になっており配管の口がいくつか確認できます。

この配管の口にケーブルを通すことになります。

施工手順 その4

施工手順 その4

ケーブルを通すために、必要な箇所の配管の取り出し口のフタを開けておきます

施工手順 その5

施工手順 その5

配管にケーブルを通すときに必要になってくる道具が「通線ワイヤー」です。

通線ワイヤーは鉄の繊維をより合わせて作られているので、強い弾力性があります。

先端は配管内を通しやすいように、鉄で加工されています。

この通線ワイヤーを用意しておきましょう。

施工手順 その6

施工手順 その6

配管の向きを確認して、配管に通線ワイヤーの先端を挿入しましょう。

施工手順 その7

施工手順 その7

反対側の配管の出口まで必要な分だけ、通線ワイヤーを挿入していきます。

通線ワイヤーがスムーズに挿入できる場合は問題ないのですが、古い配管や既に何本かケーブルが入っている場合には、中々通線ワイヤーを通せない時があります。

こういった時には「入線液」をこまめに塗っておくことで滑りがよくなり入線しやすくなります。

施工手順 その8

施工手順 その8

反対側の配管の出口から、通線ワイヤーが出てきたことを確認します。

施工手順 その9

施工手順 その9

ここで、配管内に通したいケーブルを「ビニルテープ」を使って通線ワイヤーにくくりつけます。

施工手順 その10

施工手順 その10

簡単に取れないように、しっかりとビニルテープで固定します。

ただし、配管内のスペースに余裕があり、するすると抜き差しができるようであればガチガチに固定する必要はありません。

ガチガチに固定してしまうと、外す時にも手間がかかりますからね。

施工手順 その11

施工手順 その11

通線ワイヤーにケーブルを固定できたら、通線ワイヤーを挿入した配管のほうから、ゆっくりと通線ワイヤーを引き抜きます。

あまり強く引っ張ってしまうと

  • 通線ワイヤーからケーブルが外れてしまったり
  • ケーブルが断線したり
  • ケーブルを傷付けてしまうことがある

ので力加減には常に注意をはらいましょう。

特に配管の入口、出口付近ではケーブルがひっかかりやすいので特に注意が必要です。

施工手順 その12

施工手順 その12

機器まで必要となる長さの分まで、ケーブルを引き抜きます。

ギリギリの長さよりも2割ていどは余分に長さを見ておいたほうが、ちょっとした位置の変更にも対応できます。

施工手順 その13

施工手順 その13

ケーブルを配管に通し終わったら、配管のフタの処理を行います。

施工手順 その14

施工手順 その14

まずはフタを閉める前に、フタの真ん中の穴にケーブルを通します

施工手順 その15

施工手順 その15

フタの真ん中にケーブルを通し終わったら、そのフタを元のとおりに閉めましょう。

施工手順 その16

施工手順 その16

反対側の配管のフタも同じように、フタにケーブルを通したあとで元のとおりに閉めます。

配管の出口の場所によってはもうひと工夫必要です

配管の出口が机や機器の下など、あまり邪魔にならない場所であれば問題ないのですが、通路の真ん中などの邪魔になってしまう場所であれば、もうひと工夫する必要があります。

  • 配管から取り出した先はモール処理を行う
  • 配管のフタからケーブルは直接出さずに、配管ボックス内でフラットケーブルに接続替えを行い、配管のフタから出た先はカーペット下を配線する

このように配管を通らない部分の配線も考慮しておくことが大事です。

スポンサーリンク

配管での配線時のポイント

配管で配線するときに、押さえておくと便利なポイントについて説明しましょう。

ポイントその1 通線ワイヤーの代わりにスケール(メジャー)を代用できる

  • 配管の出口と出口の間の距離が短い時
  • 配管にケーブルが通っていない空の状態の時
  • 配管の口径が太くてスペースに余裕がある時

このようなケースのときは、通線ワイヤーの代わりにスケール(メジャー)を代用したほうが楽にケーブルを入線できることがあります。

スケール(メジャー)

通線ワイヤーはサイズが大きいので、施工場所によっては持ち運びや取扱いしにくいケースがあります。

スケール(メジャー)であれば持ち運びも楽で、狭い場所でも通線ワイヤーよりも取扱いやすく入線作業もはかどります。

配管に入線するスケール(メジャー)を選ぶときのポイントとしては以下のようなものが望ましいです。

  • もしくはステンレス製、もしくは弾力製の強い材質でできていること。
  • 幅があまり広くないもの(できれば15mm以下のもの)
  • 計測用途ではないので、できるだけ安く済むもの (入線で使うので損傷しやすい。消耗品として考えましょう)

スケール(メジャー)入手後は、先端の引っ掛け部分を平坦に加工しておくと、より配線しやすくなります

ポイントその2 先端にコネクタがついているケーブルは先端をテープで保護しよう

先端にコネクタがついているケーブル(例えばLANケーブル)を配管内に入線するときには注意が必要です。

先端にコネクタがついているケーブル

先端にコネクタがついていると、配管内に入線しているときに次のようなことが起こりやすくなります。

  • 配管内で引っかかりやすくなる(最悪の場合抜けなくなる)
  • コネクタが破損してしまう
  • 他のケーブルを傷付けてしまう

このようなことが起こらないように、配管への配線を始める前に、まずは先端のコネクタ部分をビニルテープで保護します。

できるだけ凹凸ができないよう、なだらかにビニルテープを巻く

この時、できるだけ凹凸ができないよう、なだらかにビニルテープを巻くように心がけましょう。

ポイントその3 複数本のケーブルを配管に通す時は先端を少しずつずらそう

複数本のケーブルを配管に入線するときにも注意が必要です。

複数本のケーブル

配管に通したいケーブルが複数本あるときは、スチールもしくはスケール(メジャー)にケーブルを付ける前に、ビニルテープで束ねておく必要があります。

束ねるときにケーブルの先端を揃えて束ねてしまうと、配管内や配管の入口、出口付近でひっかかりやすくなり、とても通線しずらい、あるいは通線できなくなることもあります。

そうならないよう、ケーブルの先端部分はある程度距離をずらして束ねるようにしましょう。

ケーブルの先端をずらして束ねる

束ね方ひとつで配管の通線のしやすさが大きく変わります。

ポイントその4 ケーブルだけで配管に通せることもある

配管の距離が短い時や配管の口径が太いときは、通線ワイヤーやスケール(メジャー)を使わなくても、ケーブルだけで配管に通線できることもあります

ケーブルを何もしない状態で配管に通そうとすると、ケーブルの先端の切り口部分やコネクタ部分がひっかかってしまい、通線できません。

そういうときは、あらかじめケーブルの先端部分から10cm程度折り曲げます。

ケーブルの先端部分から10cm程度折り曲げます

折り曲げて丸みを帯びさせることによって、配管内で引っかかりにくくなり通線しやすくなります。

ポイントその5 ケーブルを引っ張るときは配管とできるだけ同じ方向に

配管の向いている方向と垂直にケーブルを引っ張ってしまうと・・・

配管からケーブルを引っ張るときに、配管の向いている方向と垂直方向にケーブルを引っ張ってしまうと、次のようなことが起こりやすくなります。

  • ケーブルの被覆が傷つきやすくなる
  • 配管との摩擦熱で被覆が溶ける
  • 配管の出口でケーブルが擦れて断線してしまう

できるだけ配管の方向と同じになるように引っ張る

配管からケーブルを引っ張るときには、できるだけ配管の方向と同じになるように引っ張るように心がけましょう。

ポイントその6 念のため養生シートや雑巾を用意しておこう

  • 入線液を使って配線をした
  • 配管内に水が溜まっていた
  • 配管内が錆び付いていた

このような状態で、ケーブルをそのまま引っ張りだしてしまうと、ケーブルや通線ワイヤーに付着した入線液や水、錆で周囲を汚してしまうことがあります。

入線液がタイルやフローリングなどの床に付着してしまうと、とても滑りやすい状態になってしまい、転倒事故の原因にもなるので非常に危険です。

そうならないよう、事前に養生シートや雑巾を用意しておき、次のような対処をおこないます。

養生シートと雑巾を用意

  • あらかじめ養生シートを敷いておき、通線後のケーブルや通線ワイヤーで床を汚さないようにする
  • 雑巾で通線後のケーブルや通線ワイヤーについた汚れを拭き取るようにする
  • 汚れた床を雑巾でキレイに清掃する

備えあれば憂いなし、です。

ポイントその7 場所の条件が悪い配管は無理に使用しない

haikan05_point01_10

次のような場所にある配管出口は無理に使用しないほうが無難です。

  • 椅子の稼働範囲 (椅子を動かす時に邪魔になる。ケーブルの損傷の原因になる)
  • 金庫やキャビネットの真下 (ケーブルが下敷きになってしまう)
  • 通路の真ん中 (転倒の原因になる。ケーブルの損傷の原因になる)

条件の悪い配管出口を利用するよりは、目的の場所から少し離れることになっても、できるだけ邪魔にならない配管出口をチョイスすることが大事です。

配管内にケーブルを通せば、その間のケーブルの保護処理は別途する必要はありませんが、利用すると邪魔になってしまう配管出口は利用する意味がありません

理想的な配管出口の条件としては以下のとおりです。

  • 机や機器の下の空間
  • 金庫やキャビネットの下敷きにならない
  • 通路の邪魔にならない
  • 椅子の足元の邪魔にならない

これらの条件を満たせない場合は、無理に利用しないことをおすすめします。

スポンサーリンク

配管を使用した配線例

配管を使用した配線ですが、必要となってくるケーブルは主に

電話線

Digio2 スリムモジュラーケーブル 10m TEL-210W

LANケーブル

サンワサプライ カテゴリ6 フラットLANケーブル 10m ホワイト LA-FL6-10W

電源線

ELECOM 電源タップ 雷ガード 一括スイッチ マグネット付き 抜け止めコンセント 3P 7個口 2m T-Y3A-3720WH

の3つです。

各々配線の起点になってくる部分は異なってきますが、全体的な配線ルートとしては、ほとんど差はありません。

配管の太さによって、実際に配管に通せるケーブルの本数が異なってきますので、配管のルートをある程度分散させることが大事です。

配管を使用した配線 電話線の配線ルート例 その4

床配管を使用した配線 電話線の配線ルート例 その4

基本的にはビジネスフォン主装置(PBX)から内線電話機間への電話ケーブルの配線が必要になります。

上記の図に書いているポイントを押さえておけば、配管を使った配線ルートはおのずと限られてきます。

台車の通り道を確保したり、見映えなどを考慮していけば、自然と良い形に仕上がることでしょう。

配管を使用した配線 LANの配線設計例 その3

配管を使用した配線 LANの配線設計例 その3

LANケーブルの配線の起点は大元のSW-HUB(スイッチングハブ)からとなります。

大元のSW-HUBから、各端末や各机の島にあるSW-HUBへLANケーブルを配線します。

LANケーブルの必要な端末が多くかたまって設置する場所に、SW-HUBを配置することで次のようなメリットがあります。

  • 使用するケーブルの量を減らすことができる
  • ケーブルの配線にかかる労力、費用を抑えることができる
  • 各島のSW-HUBに空きポートがあればそこから簡単にケーブルを配線できる

逆にこの形態でのLANケーブルの配線には次のようなデメリットがあります。

  • SW-HUBが故障すると、その配下につながっているすべての端末が通信不可になる
  • 設置するSW-HUBの台数分の費用がかかる
  • 各島1本の幹線で通信をまかなうため、端末~端末間の通信速度が遅くなる

トータルコストの安さと設計のしやすさ、拡張性の高さからこのタイプの配線設計が一番多く見受けられます。

基本的な配線ルートは電話用ケーブルとほぼ同じです。

配管を使用した配線 LANの配線設計例 その4

配管を使用した配線 LANの配線設計例 その4

LANの配線設計例その3と同様、配線の起点は大元のSW-HUBからになります。

この配線例では大元にポート数の多いSW-HUBを用意し、中継のSW-HUBを使用せずに全てダイレクトに端末に配線します。

LANの配線設計例その3に比べて、大量のLANケーブルが必要になり、配管の口径も大きなものが必要となってきます。

その代わり全ての端末が同一のSW-HUB上に直接接続されることになるので、次のようなメリットがあります。

  • 端末~端末間の通信速度が向上する
  • 各島に設置するSW-HUBが不要

逆に次のようなデメリットがあります。

  • 1本あたりの配線にかかる労力、費用が高くなる
  • 大量のケーブルが配線されることになるので、各所でケーブルがかさばる
  • 将来の増設を見越した上での配線設計が必要となる

この配線設計例は、配管を使用しての配線にはあまり向かないですね。

基本的な配線のルートは、電話線とほぼ同じになっています。

最後に

配管を使用した配線は次の要素に大きく左右されます。

  • 配管の取り出し口の設置状況
  • 配管の太さ
  • 実際に使いものになるか(錆びがひどくて通らない、地震で歪んで通らない)
  • 配線するケーブルのボリューム

基本的には配管を使用した配線では、モールやフラットケーブルと併用して施工されるケースが多いです。

しかし

  • 極力モールは使用したくない
  • フラットケーブルを使用できる環境ではない
  • とにかくケーブルを目立たなくしたい

という場合は、配管の取り出し口に合わせたレイアウトにするしかありません。

ともあれ、このページに興味を持たれた方は配管を使った配線にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

最後までご覧いただきましてありがとうございます。

スポンサーリンク
336×280